審美歯科でできるホームホワイトニングとはどんなもの?

自分でケアできるホームホワイトニングについて



知っておきたいこと

これからホームホワイトニングを始めたいと思っている人には、事前に知っておいた方がよい点がいくつかあります。

ホワイトニングをすることによって歯が弱くなってしまうのではないかと心配する人もいるでしょうが、実際の影響はほとんどないと考えられています。ホームホワイトニングで主に使われている過酸化尿素という薬剤は歯茎の炎症を抑える治療薬としても使われています。使用方法を守れば心配しすぎるようなことはないでしょう。

虫歯がある場合、治療を先に行うか後に行うかは虫歯の場所や歯の状態によって異なります。虫歯があるからと言ってホワイトニングができないというわけではないので、主治医と相談して治療方針を決めることをお勧めします。また、歯の詰め物や人口歯、神経のない歯はホワイトニングを行っても白くならないので注意しましょう。

歯磨きホワイトニングで歯を白くしても、時間の経過と共に再び色素が歯についてしまいます。特に治療後は色素がより沈着しやすい状態になっているため、普段よりも丁寧に歯磨きを行ったり、コーヒーやカレーなどの色素が付きやすい食材に注意するなど気を配ることで白さが長持ちするでしょう。その他、ホワイトニング中に痛みを感じたり、薬剤によって体調に異変を感じた場合は使用を中止して担当医に相談しましょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、自分でできる歯のホワイトニングの方法です。自分でできると聞くと、すぐにでもできそうというイメージが湧きますが、まずは審美歯科に行き、専用のマウスピースを作る必要があります。

マウスピースホームホワイトニングを行うには、個人の歯並びに合わせて作られたマウスピースと、歯を白くするためのホワイトニングジェルが必要です。やり方は、ホワイトニングジェルを流し込んだマウスピースを30分~7時間程度装着するだけです。そんなに長い時間マウスピースをはめなければならないのかと思う人もいるでしょうが、装着していることがほとんどわからない透明な素材を使ったマウスピースもあり、自宅でくつろいでいる時間や通勤中の空いている時間などを利用してケアできるものもあります。長時間の装着が必要な場合には就寝前にはめてから寝るという方法もあります。なお、マウスピースを装着している間は飲食や喫煙することはできません。

効果を早く実感したいという人はできるだけ毎日使い続けることがポイントです。しかし、白くしたいからといって決められた時間よりも長い時間装着し続けると歯がしみたり痛みが出ることがあるので装着時間は守るようにしましょう。

ホワイトニングの種類

歯の表面だけでなく、内部から白く見せてくれるホワイトニングには、大きく分けて2種類の方法があります。目的に合わせて自分に合う方法で治療を選択すると良いでしょう。

歯医者すぐにでも効果を実感したい、毎日セルフケアを続けるのは面倒だという人にお勧めの方法がオフィスホワイトニングです。オフィスホワイトニングは歯科医師が施術を行い、個人差があるものの1~数回の治療で効果が実感されます。すぐにでも歯を白くしたいという人にお勧めです。濃度の濃い薬剤を歯に塗布し、光やレーザーを当てるものもあれば、当てずに治療ができるものなどもあります。歯が薄い人や亀裂がある場合、薬剤がしみて痛みを感じる場合もあります。

通院しないで自宅でじっくりケアができる方法がホームホワイトニングです。オフィスホワイトニングに比べて刺激の弱い薬剤を使うため効果が実感できるまでに時間がかかりますが、その間歯への汚れがつきにくく、白さも長く保てると言われています。審美歯科で専用のマウスピースを個人の歯並びに合わせて作り、ホワイトニングジェルを入れて歯に装着します。刺激が少ないため、できるだけ痛みを感じたくない、知覚過敏が心配だと言う人にお勧めです。

ホワイトニングは審美歯科で 

歯白い歯は、その人の笑顔を素敵に見せるだけでなく、清潔な印象をもたらしてくれます。しかし、自分で歯磨きやセルフケアを続けているのに歯が白くならないと悩んでいる人は多いでしょう。歯は表面に付着した汚れだけでなく、汚れが内部にまで浸透したり加齢が原因で黄ばんで見えてしまうことがあります。頑張って歯磨き粉をつけて磨いたとしても、表面の汚れは落とせても内部の黄ばみまでは落とすことができません。こうした悩みを抱えている人のために、専用の薬剤を使って内部の黄ばみも落とすことができるのがホワイトニングです。

ホワイトニングは審美歯科で施術を受けることができます。ホワイトニングには2種類のタイプがあり、自分の目的に合わせて方法を選ぶことをお勧めします。より速く結果を出したいという人は濃度の濃い薬剤を用いて行うオフィスホワイトニングを、じっくりと家で歯のケアをしたいという人は自宅でできるホームホワイトニングがお勧めです。
また、大阪にあるホワイトニング歯科ではオフィスホワイトニングとホームホワイトニング組み合わせた治療方法も行っています。ちなみにその治療法デュアルホワイトニングといいます。審美歯科では歯のホワイトニングだけでなく、虫歯や口腔内の状態も診てもらえるので、口の健康も一緒にチェックできます。

当サイトでは、歯のホワイトニングに興味があるという方に向けて、主に自分でケアできるホームホワイトニングについて紹介しています。白く健康な歯を目指したいと考えている人や、白い歯で素敵な笑顔になりたいと思っている方に、ホームホワイトニングとはどのようなものか知ってもらえる機会となれば幸いです。